東京の花見・桜名所 【井の頭恩賜公園の桜】

お出かけ

東京都の花見・桜名所を紹介したいと思っております。

みんな大好き、桜の花!

ピンク色の花びらは可愛いですね♪

でも、咲いている時間は短く儚いですね。

綺麗に咲いている期間中にしっかりと鑑賞していきましょう!!!

井の頭恩賜公園(武蔵野市御殿山)

見どころ紹介

公園全体で400本、そのうち井の頭池周辺に200本の桜があります。

池にせり出した満開の桜が咲き誇るさまは見事です。

また散り際の桜吹雪も風情があります。

西園では早咲きの桜が3月の始め頃から咲き始め、多品種の桜が次々に4月の半ば頃までご観賞いただけます。

例年の見頃

3月下旬

桜の種類

ソメイヨシノ、ヤマザクラ、オオシマザクラ、カワヅザクラ、カンヒザクラ

桜の本数

約400本

ライトアップ

あり(池周りの一部)コロナウィルスの状況により変更あり

名所に関する情報

【さくら名所100選】【夜桜】【駅チカ】【宴会OK】

お花見期間の混雑度

平日:意識すればソーシャルディスタンスが取れる密度
休日:意識してもソーシャルディスタンスが取れない密度

所在地

〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-18-31

入場時間

24時間開放 

入場料

入園無料

お問い合わせ

井の頭恩賜公園案内所 TEL:0422-47-6900

ホームページ

交通案内

【電車】JR中央線および京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩 (5分) 

    京王井の頭線井の頭公園駅下車徒歩 (1分)

【車】中央道高井戸ICより、または首都高速4号新宿線高井戸ICより (20分)中央道調布ICより (20分)

【駐車場】160台(1時間400円以降30分200円)

その他の観光施設

井の頭自然文化園、三鷹の森ジブリ美術館、山本有三記念館

家の庭に桜を見かけない理由とは?!

日本を代表する花木といえば?

この質問をすると多くの方が桜の名前を上げると思います。

たくさんの方が開花や満開の時期を心待ちにするほど、日本人が大好きな桜。

一方で、それだけ好きであれば、自宅の庭に桜を植えれば誰にも気兼ねせずプライベートお花見ができると思うのですが、実際に庭に桜を植えている家はほとんどありません。

それは一体、なぜなのでしょうか?

庭木に桜が嫌われる4つの理由

実は昔から、家の庭に桜を植えてはいけないと言われています。

その理由として次の4つがあげられます。

(1)根が伸びるので家の基礎を壊す
(2)害虫(毛虫・ムカデなど)が侵入する
(3)枝葉が生い茂ると家に光が差し込まない
(4)落ち葉や折れ枝の掃除が面倒、近所迷惑

桜の木を植えたばかりに家の基礎を壊されたり、毛虫に悩ませられたり、落ち葉や折れ枝などでご近所トラブルを招くこともあると言われれば、確かに桜は自宅に植えるより、近くの公園に見に行ったり、「花見の名所」を訪ねたほうがよさそうです。

鉢植えで楽しめる桜も

自宅に桜を植えない風習について、

庭に桜を植えてはいけないと昔から言い伝えられていました。

確かにソメイヨシノは大きくなるので庭木には不向きでしょうし、消毒をおこたれば毛虫が発生したりします。

しかし、桜の品種は多く、今も新種が作出されています。

新しい品種の中には、あまり大きくならないため庭木で育てる人もいますし、鉢植えで育てる人もいます。

ぜひ自分の手で桜を育てていただけたらと思います

あなたもお花見だけでなく、桜との新しい付き合い方を始めてみませんか?!

さいごに

今回、東京都の花見・桜名所を紹介いたしました。

桜の咲いている期間は非常に短く、儚いです。

その期間を逃すことがないように、しっかりと計画を立て、花見を楽しみましょう♪

夜桜の場合には、まだまだ、冷え込みがきつい場合もありますので、防寒対策をしっかりと

行っていきましょう。

その場所、ルールなどをしっかりと厳守し近隣住民等に迷惑がかからないように鑑賞いたしましょう。

迷惑駐車・飲酒運転・騒音クレームなど絶対にないように注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました