二月の勝者~現状の中学校受験がリアルに分かるドラマ~

教育・中学受験

日本テレビ2021年10月期土曜ドラマ(夜10時)の

「二月の勝者-絶対合格の教室-」

私も、かなり注目して毎週拝見しております。

「二月の勝者-絶対合格の教室-」とは、

ビッグコミックスピリッツに連載された「高瀬志帆」原作

中学受験の実態をリアルに描いた人気マンガが原作で、待望のドラマ化されたものです。

【作品情報】

現状の中学校受験がリアルに分かるドラマとして、大変話題になっております。
中学校受験界に現れた最強最悪の絶対合格講師(黒木蔵人)、2020年の大学受験改革を目前に、激変する中学校受験界に現れたのは生徒を第一志望校に絶対合格させる為?!早期受験が一般化する昨今、もっとも熱い中学校受験の隠された裏側、合格への戦略を圧倒的なリアリティーでえぐりだす作品です。

昨今の中学校受験については、入塾の低年齢化の加速が目まぐるしくなっております。

それをスマホゲームなどの課金ゲームを連想してしまい、「リアル課金ゲーム」と呼ばれていることは、中学校受験を目指す親御さんの耳には、一度は入っている情報だと思われます。

そういう状況下の中、私達の息子も中学校受験を視野に入れて日々の生活を行っております。

常にアンテナを張り、情報戦となっております、ここで言う情報戦とは、同級生の動向、入塾状況、テスト情報、検定情報など様々な情報となります。

親御さんは、その中から情報を精査して、自分達の子供に合った情報をチョイスして有効活用していると思われますが実際は、情報量が多すぎて困惑する日々です。

現状、私達の息子は私立小学校に通っております。
ほぼ、全員が中学校受験するような学校です。

入学した当初のあまりの親御さんは、塾は、4年生からという情報が飛び交っておりました。

がしかし、まだ、低学年ですが、既に塾に通っている同級生は多数なのが現状であります。

 既に「リアル課金ゲーム」が開始されております。

大手塾S・・・私達が住む最寄り駅の校舎については、既に入塾が出来ない定員になっております。

お金が仮にあったとしても入塾できません。(入塾テストの結果が悪い場合でも入塾できません。)

「二月の勝者」11月6日(土)に放送された第4話の中で、スマホゲームに課金するなら自分の子供に課金して強くしてよ!と痛烈な妻からの叫びがありました。

課金すればするほど、スマホゲームのように強い武器などが購入出来れば良いですよね。

でも、実際には、本人のモチベーションもありますので、塾にいくら課金してもなかなか偏差値は上がらないのが現実ではないでしょうか?!おまけに、誘惑は沢山あり、大人のように長時間の集中力は継続しません。

中学校受験、家族で協力して乗り越えないといけないので、夫婦での情報共有、ベクトルの向きは最低限併せておきましょう。塾側でもこの点については、十分、説明があると思われます。

大抵、親は子供より先にいなくなりますので、今から子供へ先行投資を行い、一人で生きていく知恵、稼ぐ力などしっかりと養ってもらいたいです。

それがしっかりと出来るなら「リアル課金ゲーム」の結果が出るまで課金していきましょう(笑)

引き続き、「二月の勝者」のドラマは、中学受験には必要な情報が盛り沢山なので、視聴していきます。

いつもこのドラマは涙してみております。

毎週、楽しみにしているドラマの作品の一つですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました